マンガ家を目指して早めに行動!高校から学習する魅力とは

マンガ家を目指して早めに行動!高校から学習する魅力とは

本棚

マンガ家の主な仕事内容

皆さんは「マンガ家」と聞いた時、どのようなイメージを想像するでしょうか?おそらく、自室や事務所に引きこもって、ひたすら原稿用紙にペンで絵を描いているとそんな様子を想像する方が大半を占めていると思います。事実、マンガ家は描くジャンルなどによって若干違いはありますが、連載している方のほとんどが先ほどのイメージ通りに毎日、出版社から提示された締め切りまでにそれをこなしています。しかし、マンガ家はただ単に絵を描くことだけが仕事ではありません。もちろん、絵を描くことが大半の仕事になるのですが、ストーリーの構想をまとめ、「これからどういった展開にしていくか?」ということをマンガ家は毎日考えています。そのため、マンガ家には画力だけでなく、話を構成するための独創力が必要と言われているのです。

漫画

高校のマンガコースで学ぶ

マンガ家になるためには、当然のこと「絵が好き」「マンガが好き」という気持ちは大事にする必要があります。この気持ちが強ければ強いほど、マンガ家になったときのモチベーションは高くなることは間違いありません。ただ、マンガ家の世界は「好き」という気持ちだけで生きていくには、厳しい世界であり、狭き門です。だからこそ、最近ではマンガ家としての知識や技術を身につけるために、高校のマンガコースを選ぶ方も増えているのです。高校のマンガ家コースでは、専門学校に比べて、カリキュラム内容は劣るものの、その代わりに早い段階からマンガの描き方を1から学ぶことが可能です。また、人によってはマンガコースを修めた後に、専門学校へ通うという方もいるので、よりマンガ家について学びたいなら、そういった道もいいでしょう。いずれにしても、マンガ家になりたいなら早めの行動が何よりも大切です。

クリエイティブ業界で人気の職業ランキング

吹き出し
no.1

マンガ家

クリエイティブ業界でも最も人気が高いマンガ家は若い世代を中心に、なりたい職業ではトップクラスです。マンガ家は文字通り、マンガを掲載するための原稿を描いていくという仕事になります。また、人によっては書籍ジャンルのマンガを書いたりするということもあります。

no.2

アニメーター

アニメーターはアニメーションの基盤となるキャラクターや風景、背景などの原画を描き、その1枚1枚の絵に動きを与える仕事になります。厳密にいうとアニメーターには、動画の基本となる原画を描く方と原画と原画の間のコマの絵を描く方と分かれており、新人のころは後者の動画担当者になる可能性が高いです。アニメーターになるには特別な資格は必要ありませんが、一般的には美術大学や専門学校でデッサンやデザインの基礎を学んでから、アニメ制作会社に入社するという流れが多いようです。

no.3

CGデザイナー

CGデザイナーはコンピューター上で専用のソフトを使い、画面上に2次元・3次元のグラフィックを作成する仕事になります。現代では2次元のみにならず、3次元のCG技術も進歩しており、CGデザイナーは今やアニメやゲームだけでなく、一般的な建築や車、機械の設計なども担当できるようになっています。このことからクリエイティブ業界でも多岐にわたる活躍できるのは間違いなく、CGデザイナーと言えるでしょう。色々な制作過程に携わりたいという方にはCGデザイナーはオススメです。