高学歴な人ほど落ちるパターン

分かる事や出来る事に快感を覚える

逆に分からない事や出来ない事が有るとモチベーションは下がります。
勉強の敷居を下げる意味ではDVDやCDなども上手く活用すると効果が有ります。カリスマ講師が人気なのは話が面白い事が有ります。
楽しく勉強する様に工夫する事がとても大事なのです。
合格後のご褒美の設定もモチベーションに大きく影響します。
出来るだけ奮発するご褒美の方が良いのです。
試験に合格するか否かを職場の同僚との賭けにしている人もいます。
競争意識の高い人はライバルを設定する事も有効です。
ただし負けず嫌いしか使えません。
あまりにもライバルに圧倒的な実力で大差を付けられるとダメージが大きい一面も有りますので、注意が必要です。
くれぐれもライバルを良く吟味し、実力の拮抗している人を選ぶようにしてください。

なぜ勉強するのか

短期的目標と長期間目標が必要です。
なぜ今勉強する必要があるのか。その必然性が有るのか。今でないとダメな理由があるのか自分に問いかける必要があります。
人間は感情で動く一面が有ります。
目標達成時のイメージが持てるかどうかもポイントです。
合格した時の嬉しさ、その後の人生の展望、会社での地位向上、給料アップ、家族や友人の反応など具体的に視覚化してください。
ポジティブな感情が出てくれば最高の結果に近づきます。
合格の日を最初に決める事も大事です。
期日を決めて退路を断つのです。
決意が有ると合格する可能性が高まります。
危機感を抱いている事も合格には有利に働きます。
真剣に勉強するからです。
背水の陣、退路を断つと火事場の馬鹿力が出ます。
合格までの道のりを計算し到達するまでの期限を把握する事も大事です。


この記事をシェアする