勉強のテクニックがあれば合格が可能

健全な自己愛を持てるか

他人を見下して得られる優越感や自己中心的な自己愛ではありません。
ありのままの自分を肯定する感覚です。
実は劣等感が高い人の方が資格取得に挑戦する意義は高い人と言えるかも知れません。
成長出来るからです。
目標達成の為には視覚化が大事です。
いつも目に見える所に張る事はかなり有効です。
いつも初心に返る事が出来るからです。
自分が見て気持ち良くなるように工夫しても良いと思います。
合格率は大きく変わります。
また目標を声に出して読み上げる事も大事です。
合格時の嬉しさをイメージしながら読み上げるのです。
脳は現実とイメージを区別出来ないと言われています。
合格するイメージを毎日していると本当に現実化するのです。
合格ポスターを自分で書いても良いと思います。

他人に合格を宣言する

心理学で言う公表効果です。
より拘束力が高まります。
勉強せざる負えなくするのです。
また合格率も高くなることが分かっています。
配偶者や両親、恋人などお世話になっている人や尊敬する人に対して宣言するとより効果的です。
不合格の場合の罰ゲームも有効です。
勉強する時間に関しては考える必要が有ります。
一般的には早起きして早朝の時間帯が良いとされます。
夜型の人も存在します。
どちらも試してみると良いと思います。
五感をフル活用する事も有効です。
読むだけでなく、耳で聴いたり他人に話したり行動したり組み合わせて勉強すると記憶に定着します。
勉強したことはアウトプットすると整理して覚える事が可能です。
以上が資格の種類が豊富な通信講座で資格取得の方法などについてです。


この記事をシェアする